銀行
 ラジオを聞いてたらこんなこと言ってました。

お金を払って人にやってもらってたことを、自分自身でやるようになってから生活が活き活きとしだした(うろ覚え)みたいな。大原扁理さん(調べた)という方で台湾で隠居生活を送っていたが親の介護で日本にもどられた…らしいです。

少し前まで、餅は餅屋で分業制の時代かと思ってたんですが一回まわって又、きたのかと。

本来、親の介護は子供たちが、テイクアウトは取りにイクみたいな
(それぞれ家庭の事情、仕事がたてこんでる。コロナ。もあってそのような仕事をされている方にお世話になってしまうこともありますが)お金の面もありますし可能なら自分でしたいです。


     牛丼ならとりにいく!
買い出し
    今ならお店で食べちゃお










それには「能力の貯蓄」をするといいらしいです。
うまいな…

要は「できることは自分でやりなさい」ってことかな。これからの日本を考えたら。




        

      🍂

たそがれ

いいこと言ってるのにこんな感想になってしまった。





広告